無料でボランティア
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
過去の記事
サイト内検索
カテゴリー
いま気になってます
いぬがいっぱい
いぬがいっぱい (JUGEMレビュー »)
グレース スカール, やぶき みちこ
いま気になってます
ぎったんばっこん
ぎったんばっこん (JUGEMレビュー »)
なかえ よしを, 上野 紀子
いま気になってます
ナガナガくん
ナガナガくん (JUGEMレビュー »)
シド ホフ, Syd Hoff, こぶなや さちこ
いま気になってます
いま気になってます
おやすみゴリラくん
おやすみゴリラくん (JUGEMレビュー »)
ペギー ラスマン, Peggy Rathmann, 伊東 寛
いま気になってます
                
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
こんにちワニ
こんにちワニ
こんにちワニ
中川 ひろたか, 村上 康成

こんにちワニ
どうも すみま せんぷうき
ジャンケン ポンず
あいこで しょうゆ

言葉遊び絵本です。
このナンセンスな感じがなんともはや素晴らしい!
見開き片方のページに
こんにち
次のページに
ワニ
というようになっています。(少しだけ違うページもあったかな?)
だから、読み聞かせの時は「落ち」のページを
最初は手で隠してみちゃいましょう。
落ちを言った瞬間にパッと手を離すのです。
緩急がついて、なんともはや面白い。

「落ち」の予想をするのが大好きな子ども達♪
当たったり、全然ちがっちゃったり。
日本語にこなれたお子様からお勧めです。
| 中川 ひろたか(他いろいろ) | 14:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
うちにかえったガラゴ
うちにかえったガラゴ
うちにかえったガラゴ
島田 ゆか

ガラゴは旅するかばん屋さん。
でも、旅をするのは暖かい季節だけ。
冬が近づき冷たい風がぴゅ〜と吹いてきたら
さっさと店じまいして、うちに帰ります。
うちに帰ってお風呂の用意をしていると、
誰かが玄関の扉をトントン。
そこにいたのは旅する雑貨屋のとらちゃん。
また、誰かが扉をトントン。今度のお客は誰だろう。

最初のページ、秋が深まってガラゴがお家へ帰る道の
街路樹がとっても美しいんです!
赤、黄、緑、色とりどりの秋化粧。
うわっ。と息を呑む美しさ。
寒い寒い冬、みんなと楽しそうなガラゴが素敵。

島田さんの作品は、本当に子ども達に大人気で
どの絵本も目をキラキラさせて楽しんでくれます。
絵がかわいく、細かい仕掛けに満ちているので、
本当はお膝の上で読んだ方が楽しいかな?という作品です。
でも、おはなし会で無理やり読む私。
だって好きなんだもん!(す、すみません)
面白いと思って、お家で読んでくれる子が出てくるのを祈りつつ♪

島田さんの他の作品と登場人物がリンクしているのも楽しい所。
他の作品を読んでいなくても十分楽しめますが
読んでいると数倍楽しいかもしれません♪

ストーリーを楽しみ始めた頃からいかがでしょう?
| 島田 ゆか(ガラゴ) | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヒッコリーの きのみ
ヒッコリーの きのみ
香山 美子,柿本 幸造

ヒッコリーの きのみを リスが ひろって 
あなに うめる
ひとつ ひとつ しるしを つけて うめる
でも あとで さがすと ぜんぶは みつけられない
そして...

リスのバビーとヒッコリーの木との約束。
それは 巡る命、伝わる命の大切さを教えてくれます。
暖かい暖かい優しさに満ちた絵は秋色に染まっています。

読んでいると穏やかな気持ちになってくる絵本です。
ストーリーを楽しみ始めた頃からいかがでしょう?
どうぞの椅子」の香山 美子さん,柿本 幸造さんの作品です。
| 季節の彩り(秋の絵本) | 21:35 | comments(2) | trackbacks(0) |
おおきなおおきなおいも
おおきなおおきなおいも―鶴巻幼稚園・市村久子の教育実践による
おおきなおおきなおいも―鶴巻幼稚園・市村久子の教育実践による
赤羽 末吉

ここは あおぞら ようちえん
さあ いよいよ あしたは いもほりえんそくでーす。
わーい
よる
そして あさ
あめが ふっては しかたありませんね
1しゅうかん のばしましょう

のびやかでおおらかで、とてもスケールの大きな絵本です。
こどもが描いたような つたないような 単純で分かりやすい絵。
そしてとても大胆な色使い。

雨が降って芋ほりにいけなかった子ども達。
想像の世界で、大きな大きなお芋を掘り出します。
大きな大きなお芋を掘り出したら、
あんなことをして、こんなことをして♪
子ども達のワクワクした気持ちが伝わってきます。

きっと この日のことは一生忘れないんだろうな。
そう思います。

絵本といっても、小説のような小さめサイズ。
大人数でのおはなし会には向きません。
それでも、どうしてもご紹介したかった一冊だったのでした。

ストーリーを楽しみ始めた頃からいかがでしょう?
ページ数は多いですが、1ページあたりの文字がとても少ないので
思いのほか小さなお子様でも楽しめるかも?
| 季節の彩り(秋の絵本) | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
まもなく更新します
みなさま こんにちは カイです。

更新ストップしていてすみません。
ここ一週間、怒涛のようにいろいろあって
なんとはなしにストップしてしまいました。
今日、明日にも復活予定でーす。

せっかくなので、カイの思う事を少し。

私は読み聞かせのボランティアをしています。
よくはじめての方に

「私は上手に読めないから、出来ない」

とおっしゃる方がいます。
上手く読めない、自信がない。
そう思うと人の前に出るのって勇気が必要ですよね。

でもね、私、思うんです。
子どもにとって重要なのは「私の為に読んでくれた」という事。
お母さんや家族以外の人が自分の為に本を読んでくれた。
みんなで一緒に見た。みんなで一緒に笑った。

この経験が心を明るくするような気がするのです。

上手に読もうとすると苦しくて怖くて読めなくなってしまいますが

「あなたと一緒に読みたいの」
「私の好きな絵本をあなたに教えたいの」

その気持ちがあれば、良いんじゃないかな?
きっと楽しく読めるんじゃないかな?
そう思っています。

ボランティア、はじめの一歩が踏み出せない皆様、いかがでしょうか?
| お知らせ | 08:40 | comments(3) | trackbacks(0) |
どんどこももんちゃん
どんどこももんちゃん
どんどこももんちゃん
とよた かずひこ

どんどこ どんどこ どんどこ どんどこ
ももんちゃんが急いでいます。

どんな困難が待ち受けていても
ももんちゃん どこまでも どこまでも 進みます。
どんどこ どんどこ 進みます。
高い山だって進みます。
大きなくまさんだって「どーん」です。
坂を転がり落ちて泣きべそかいても進みます。
ももんちゃんは どこに 急いでいるのでしょう。

赤ちゃんから喜んでくれる絵本ですが、
大きなお子様も結構楽しそうに見てくれる絵本♪
私のだーいすきな絵本でもあります。

カテゴリーを「愛される喜び」にしてみました。
これはお母さんが感じる喜びかな?
子どもたちにとっては「愛する喜び」ですね。
愛されるのも良いですが、
愛する喜びってかけがえのないものだと思うのです。
今、あなたは自分以外の誰かを何かを愛していますか?
愛する事はともにしあわせにあること♪
| 愛される喜び | 21:02 | comments(4) | trackbacks(1) |
まめうし
まめうし
まめうし
あきやま ただし

まめうしは、まめつぶくらいの小さな子うし。
ちいさいから まいにち なんでも だいぼうけん!

ちいさな ちいさな まめうしくん。
ねずみさんの背中に乗せてもらったり 
葉っぱの船で川下りしたり
毎日が大冒険です。
とっても小さいけど、小さいからこそ 
みんなの役に立つこともあるのです。
ぶたさんの背中を掻いてあげたり
とりさんがもぐらさんの穴に落としてしまった
どんぐりを捜しにいったり(迷路みたいで大変・笑)
ありさんに葉っぱの傘をさしてあげたり。

大きな大きなお母さん(普通サイズの牛さん)と
小さな小さなまめうしくん。
クスクス面白くて、愛情あふれる素敵な絵本です。

絵がダイナミックで着想が面白いのもとっても素敵。
おはなし会では、男の子、女の子、
年齢さえも選ばずとっても好評でした♪
お母さん達も、かなり楽しんでくださいます。
「えっ」と驚いたり「クスクス」笑ったり。

ストーリーを楽しみ始めた頃からいかがでしょう?

| あきやま ただし(大笑い絵本) | 22:19 | comments(4) | trackbacks(0) |
あなたがうまれたひ
あなたがうまれたひ
あなたがうまれたひ
デブラ フレイジャー, Debra Frasier, 井上 荒野

あなたが うまれた ひ、
まるい ちきゅうは くるりと まわり
あなたに あさを よういした。
くらい よるを おわらせて
あかるい あさひを とどけるために。

あのこがくるというニュースを、
きたのくにのトナカイがアジサシにおしえて、
アジサシはクジラに、クジラはサケに、
サケはチョウに、チョウは海がめに、
うみがめはウナギに、ウナギはことりにおしえた。

愛の絵本です。
あなたが産まれてくるのを みんなが待っていた。
大きな喜びと大きな愛に包まれて
あなたは産まれて来た。

自分の足で歩くようになると、
自分のちっぽけさを感じる出来事が次々と起こります。
大きな世界と小さな自分。
大きな力の中で自分はあまりにも無力だ。
そう感じる事が起こるでしょう。

でもあなたは愛されている。世界に宇宙に愛されている。
「あなたが うまれて ほんとうに うれしい」
例えあなたが自分を愛せなくても、世界はあなたを愛している。

自己を感じ始めたお子様からお勧めだと思います。
この絵本を読んだ時、
本当に満ち足りた優しい顔をしてくれた男の子がいました。
そんな力のある絵本だと思います。
| 命の煌めき | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
どうぞのいす
どうぞのいす
どうぞのいす
香山 美子, 柿本 幸造

うさぎさんが小さな椅子を作りました。
うさぎさんらしく しっぽ もつけました。
うさぎさんが丘にいすを置きます。
横には「どうぞのいす」と看板をたてました。

「どうぞ」素敵な日本語ですよね。
それを決してお説教くさくなく、優しく伝えてくれます。
お昼寝ろばさんが「どうぞのいす」に置いたどんぐり。
さて、どんぐりの運命やいかに!(笑)
ちょっぴりお昼寝が長すぎたろばさん。
とってもあったかい気持ちになる絵本です。

ストーリーを楽しみ始めた頃からいかがでしょう。
秋の味覚満載の絵本です。
| 季節の彩り(秋の絵本) | 19:32 | comments(0) | trackbacks(1) |
じゃむ じゃむ どんくまさん
じゃむ じゃむ どんくまさん
じゃむ じゃむ どんくまさん
柿本 幸造, 蔵冨 千鶴子

どんくまさんがお昼寝をしていると
コツン!
頭の上に何か落ちてきたぞ。りんごだ!
ゆさゆさ木をゆらしてりんごを落とします。

ふわふわの湯気やあまーい匂いが漂ってきそうな
暖かい絵が素敵な絵本。
どんくまさん、ちょっとドジでおっちょこちょいなんだけど
なんだか憎めない。
どんくまさんのちょっとした失敗から
「どんくま印のジャム」が出来るまでのお話。
心がふんわりあったかくなる絵本です。

ストーリーを楽しみ始めた頃からいかがでしょう。
秋にお薦めの一冊です。

| 季節の彩り(秋の絵本) | 19:22 | comments(2) | trackbacks(1) |
<< | 2/19PAGES | >>