無料でボランティア
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
過去の記事
サイト内検索
カテゴリー
いま気になってます
いぬがいっぱい
いぬがいっぱい (JUGEMレビュー »)
グレース スカール, やぶき みちこ
いま気になってます
ぎったんばっこん
ぎったんばっこん (JUGEMレビュー »)
なかえ よしを, 上野 紀子
いま気になってます
ナガナガくん
ナガナガくん (JUGEMレビュー »)
シド ホフ, Syd Hoff, こぶなや さちこ
いま気になってます
いま気になってます
おやすみゴリラくん
おやすみゴリラくん (JUGEMレビュー »)
ペギー ラスマン, Peggy Rathmann, 伊東 寛
いま気になってます
                
<< まいったなあ | main | ジルベルトとかぜ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ナヌークの贈りもの
ナヌークの贈りもの
ナヌークの贈りもの
星野 道夫

「ナヌーク」とはエスキモー(イヌイット)たちのことばで「氷海の王者・シロクマ」のこと。かつて氷の世界で共に生きるエスキモーとナヌークの間には、大切なことばがありました。それは不思議なことばで、狩るものと狩られるものを優しく結びつけ、生と死の境さえなくしてしまうものでした。あらゆる生命は、そのことばでつながっていると彼らは信じていました。そしてその世界は、安らぎに満ちていたのです。 オーロラに誘われて歩いているうちに、いつのまにか夢の世界にはいってしまった少年は、ナヌークと出会います。(amazonより抜粋)

伝わる命。
人は鯨をもりで突き、鮭はニシンをのみこみ、鳥は虫をついばむ。
生きとし生けるものが必ずつなぐ命。
だからこそ消えゆく命に祈りを捧げる狩人。
息を呑むほどに美しい写真絵本です。
命の輝き、つながり、伝え、未来へ。
狩人になる少年は、この日ナヌークに出会い、生涯忘れぬ教えを受けたのでしょう。

いつの日かわたしたちは
氷の世界で出会うだろう。
そのとき、おまえがいのちを落としても、
わたしがいのちを落としても、
どちらでもよいのだ。

星野 道夫さんの公式サイトはこちらです。
アラスカの大地を風を白い白い氷原を撮り続けた星野さんは
1996年ヒグマに襲われ急逝されました。

写真を見るのであれば年齢を問わず楽しめる美しい絵本です。
文章の意味を真に理解するのは、いつなのでしょう?
子どもの成長に合わせて何度でも読んでいただきたい絵本です。
| 命の煌めき | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:30 | - | - |
コメント
コメントする









コメントをプレビューする?                                 
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

                                
この記事のトラックバックURL
http://imayomiehon.jugem.jp/trackback/156
トラックバック