無料でボランティア
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
過去の記事
サイト内検索
カテゴリー
いま気になってます
いぬがいっぱい
いぬがいっぱい (JUGEMレビュー »)
グレース スカール, やぶき みちこ
いま気になってます
ぎったんばっこん
ぎったんばっこん (JUGEMレビュー »)
なかえ よしを, 上野 紀子
いま気になってます
ナガナガくん
ナガナガくん (JUGEMレビュー »)
シド ホフ, Syd Hoff, こぶなや さちこ
いま気になってます
いま気になってます
おやすみゴリラくん
おやすみゴリラくん (JUGEMレビュー »)
ペギー ラスマン, Peggy Rathmann, 伊東 寛
いま気になってます
                
<< いたずらきかんしゃちゅうちゅう | main | なつのいちにち >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
絵本 Song・Book1 世界中のこどもたちが 
世界中のこどもたちが
世界中のこどもたちが
作詞:新沢としひこ
作曲:中川ひろたか
絵:五味 太郎


おはなし会では、絵本だけだと集中力が無くなってしまう事が
ままあります。
そんな時にお薦めなのが、歌や手遊びなどなど。
今日はそんな歌の中から、私が一番大好きな楽譜をご紹介します。

「世界中のこどもたちが」この曲集は
月刊「音楽広場」という雑誌に毎月掲載されていた歌を集めたものです。
季節、季節に合わせた、子供賛歌というべき素晴らしい歌が多数残されています。
幼稚園や保育園で歌われる事が多い、歌いやすい曲ばかり。
代表作「世界中の子どもたちが」は小学校の音楽の教科書にも載ったそうです。

掲載曲は下記のとおり

世界中のこどもたちが
ハッピーチルドレン
テルテルボーイズ
誰かが星をみていた
海ボウズ山ボウズ
おじいちゃんちのカメ
丘をこえたらおべんとう
ふしぎな月夜の音楽会
うさぎ野原のクリスマス
はじめの一歩
雪男のヨーデル
ともだちになるために

全部大好きな大切な歌ばかりです。
そして、歌うと涙が出そうな曲ばかり。
明るい曲調、はずむような曲調、ゆったり穏やかな曲調、
どれも悲しそうなものはありません。

それでも涙が出そうになるのは、その優しさ。
歌詞が、曲が、どこまでも優しいのです。
優しくて暖かさに満ちています。

例えば「はじめの一歩」

きのうとちがうあさひがのぼる

信じることをわすれちゃいけない
かならず 朝は おとずれるから

はじめの一歩 あしたに一歩
きょうから なにもかもが あたらしい

生まれ変わって 大きく 
一歩 歩き出せ

著作権もあるので所々抜粋しました。
この歌を始めて歌ったとき、涙が出ました。
そして何人かの人の前で歌ったとき、
「感動しました」と言ってくださる方が何人もいました。
そんな歌がたくさん収められています。

子どもの視点に立ったどこまでも優しい歌ばかりです。

最後に「ともだちになるために」を一部抜粋します。

ともだちになるために
人は 出会うんだよ
一人 さみしいことが
誰にでも あるから

ともだちに なるために
人は 出会うんだよ
誰かを 傷つけても
幸せには ならない

この素敵な歌を送り出した、新沢としひこさんと中川ひろたかさんに感謝します。

世界中のこどもたちが笑ったら、空も海も笑うだろう。
そう、きっとそう。
世界中の子どもたちが、おおらかに笑えますように。
| 歌・手遊び | 12:09 | comments(4) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 12:09 | - | - |
コメント
♪世界中の子供たちが〜♪
去年娘の学校の音楽集会で聴きました
こんな本があるんですね
他の曲はひとつも知らないけれど
なんだかよさそう
ご紹介ありがとうございます
| NATSU | 2006/07/10 10:19 PM |
「世界中の子どもたちが」良い歌ですよね!
この一冊は本当にお薦めですよ。
(シリーズで8冊出てるんですけど、これが一番好き)
ウキウキするとき、ちょっと淋しいとき、イライラする時
どんな気分にも、このお二人の歌があれば、
その時の気持ちを代弁してくれる。そんな気分です♪
| カイ | 2006/07/10 11:15 PM |
カイさん、こんにちは!
Enjoy!読み聞かせ@えほん のわかなです。

♪ともだちになるために♪
歌詞を見ただけで泣けちゃいました。
この春、親子共に大・大・大好きな保育園を
長男が卒園した(次男は通園中)のですが、
その卒園式で歌われた歌です。

変わった保育園で、保育士さんを先生とは呼びません。
「共に子育てする仲間」ということで、あだ名で
呼び合うのです。

そして、園で歌う歌も、普通の園とは違い、
とらや帽子店の歌もたくさんたくさん歌うんです。

卒園は、祝うべき旅立ち。
だけど、とっても居心地よく温かく過ごさせてくれた
場所を離れるって、すごく切ないような不安なような
感じでした。

いろいろなことを思い出させてくれて、ありがとう!
また来ます☆
| わかな | 2006/07/11 11:16 AM |
思い出の歌ってありますよね。
その歌を耳にした瞬間に全てが心の中によみがえってくるというか。
その「思い出の歌」が♪ともだちになるために♪なんて素敵。
本当に素敵な保育園なんですね。
素敵な保育園で素敵な先生やお友達に会えて、
お子様にとって、その時過ごした時間は、きっとこれから未来への宝物ですね。
| カイ | 2006/07/13 8:13 AM |
コメントする









コメントをプレビューする?                                 
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

                                
この記事のトラックバックURL
http://imayomiehon.jugem.jp/trackback/135
トラックバック
中川ひろたか
中川ひろたか中川 ひろたか(なかがわ -、1954年2月14日- )は日本の絵本作家|絵本ライター、シンガーソングライター。埼玉県大宮市(現:さいたま市)出身。 保育士、バンド (音楽)|バンド『トラや帽子店』を経て、1995年に絵本作家デビュー。作品
| かなでのblog | 2007/08/07 5:47 AM |
ハッピーチルドレン(2)
ハッピーチルドレン(2)子どもをうたう新沢としひこ作詞集 著者:新沢としひこ出版社:クレヨンハウスサイズ:単行本
| 本 オンライン書店 | 2008/06/10 3:50 PM |