無料でボランティア
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
過去の記事
サイト内検索
カテゴリー
いま気になってます
いぬがいっぱい
いぬがいっぱい (JUGEMレビュー »)
グレース スカール, やぶき みちこ
いま気になってます
ぎったんばっこん
ぎったんばっこん (JUGEMレビュー »)
なかえ よしを, 上野 紀子
いま気になってます
ナガナガくん
ナガナガくん (JUGEMレビュー »)
シド ホフ, Syd Hoff, こぶなや さちこ
いま気になってます
いま気になってます
おやすみゴリラくん
おやすみゴリラくん (JUGEMレビュー »)
ペギー ラスマン, Peggy Rathmann, 伊東 寛
いま気になってます
                
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
あなたがうまれたひ
あなたがうまれたひ
あなたがうまれたひ
デブラ フレイジャー, Debra Frasier, 井上 荒野

あなたが うまれた ひ、
まるい ちきゅうは くるりと まわり
あなたに あさを よういした。
くらい よるを おわらせて
あかるい あさひを とどけるために。

あのこがくるというニュースを、
きたのくにのトナカイがアジサシにおしえて、
アジサシはクジラに、クジラはサケに、
サケはチョウに、チョウは海がめに、
うみがめはウナギに、ウナギはことりにおしえた。

愛の絵本です。
あなたが産まれてくるのを みんなが待っていた。
大きな喜びと大きな愛に包まれて
あなたは産まれて来た。

自分の足で歩くようになると、
自分のちっぽけさを感じる出来事が次々と起こります。
大きな世界と小さな自分。
大きな力の中で自分はあまりにも無力だ。
そう感じる事が起こるでしょう。

でもあなたは愛されている。世界に宇宙に愛されている。
「あなたが うまれて ほんとうに うれしい」
例えあなたが自分を愛せなくても、世界はあなたを愛している。

自己を感じ始めたお子様からお勧めだと思います。
この絵本を読んだ時、
本当に満ち足りた優しい顔をしてくれた男の子がいました。
そんな力のある絵本だと思います。
| 命の煌めき | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
虹伝説
虹伝説
虹伝説
ウル デ・リコ

昔、昔 森には 虹を食べる小鬼が7人住んでいた。
体の色は虹の色。
黄色の小鬼は黄色を、緑色の小鬼は緑を食べる。
飽きる事を知らない小鬼達は虹を食べ尽くし、森には虹がなくなった。
お腹のすいた小鬼達、
「虹の生まれる谷がある」という噂を頼りに谷へと出かけていった。

息を呑むほど美しい、美しい絵です。
おどろおどろしい小鬼(Gobrin)の不気味さと
虹の、自然の、清浄な美しさが素晴らしい対比になっています。

グリム童話などの雰囲気を持つ絵本です。
物語を楽しめるお子様にお薦め。
幻想的な美しい世界をぜひご堪能くださいませ。
| 命の煌めき | 21:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
ジルベルトとかぜ
ジルベルトとかぜ
ジルベルトとかぜ
マリー・ホール・エッツ

ジルベルトは風が大好き。風と一緒に遊びます。
風船を飛ばしたり、かけっこしたり、洗濯物と遊ぶ風を見たり。

色数を抑えた美しい絵です。
その中でひときわ目を惹くのが 風の白。
そう、風を「白」で表しているのです。
生き生きとした風は、時にはいたずらっぽく、時には軽やかに、
時には猛々しくジルベルトの側にいます。
私も風が大好き。
一緒に走ったり寝転がったりするジルベルトの気持ちがよく分かります。

子ども達も風と一緒に遊びたいんだろうな。と思います。
読み終わった後「ほおっ」と体から力が抜けるのが分かるのです。
集中して絵本の世界に入っていたんだね。

絵本初心者のお子様だと、ちょっとむずかしいかな?大丈夫かな?
ストーリーを楽しみ始めた頃からいかがでしょう?
| 命の煌めき | 21:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
ナヌークの贈りもの
ナヌークの贈りもの
ナヌークの贈りもの
星野 道夫

「ナヌーク」とはエスキモー(イヌイット)たちのことばで「氷海の王者・シロクマ」のこと。かつて氷の世界で共に生きるエスキモーとナヌークの間には、大切なことばがありました。それは不思議なことばで、狩るものと狩られるものを優しく結びつけ、生と死の境さえなくしてしまうものでした。あらゆる生命は、そのことばでつながっていると彼らは信じていました。そしてその世界は、安らぎに満ちていたのです。 オーロラに誘われて歩いているうちに、いつのまにか夢の世界にはいってしまった少年は、ナヌークと出会います。(amazonより抜粋)

伝わる命。
人は鯨をもりで突き、鮭はニシンをのみこみ、鳥は虫をついばむ。
生きとし生けるものが必ずつなぐ命。
だからこそ消えゆく命に祈りを捧げる狩人。
息を呑むほどに美しい写真絵本です。
命の輝き、つながり、伝え、未来へ。
狩人になる少年は、この日ナヌークに出会い、生涯忘れぬ教えを受けたのでしょう。

いつの日かわたしたちは
氷の世界で出会うだろう。
そのとき、おまえがいのちを落としても、
わたしがいのちを落としても、
どちらでもよいのだ。

星野 道夫さんの公式サイトはこちらです。
アラスカの大地を風を白い白い氷原を撮り続けた星野さんは
1996年ヒグマに襲われ急逝されました。

写真を見るのであれば年齢を問わず楽しめる美しい絵本です。
文章の意味を真に理解するのは、いつなのでしょう?
子どもの成長に合わせて何度でも読んでいただきたい絵本です。
| 命の煌めき | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
カテゴリー 命の煌めき
別カテゴリーで紹介した絵本の中で
「命の煌めき」カテゴリーにも
加えたい本をまとめました。
ご参考になるといいな。と思っています。

ヒッコリーの きのみ
香山 美子,柿本 幸造

くわしくは こちらの記事へ 

| 命の煌めき | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |