無料でボランティア
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
過去の記事
サイト内検索
カテゴリー
いま気になってます
いぬがいっぱい
いぬがいっぱい (JUGEMレビュー »)
グレース スカール, やぶき みちこ
いま気になってます
ぎったんばっこん
ぎったんばっこん (JUGEMレビュー »)
なかえ よしを, 上野 紀子
いま気になってます
ナガナガくん
ナガナガくん (JUGEMレビュー »)
シド ホフ, Syd Hoff, こぶなや さちこ
いま気になってます
いま気になってます
おやすみゴリラくん
おやすみゴリラくん (JUGEMレビュー »)
ペギー ラスマン, Peggy Rathmann, 伊東 寛
いま気になってます
                
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ぱくぱく
ぱくぱく
ぱくぱく
もも

おしゃぶりを加えたかわいい白い幼虫さん。
ぱくぱく ぷりぷり
ご飯をいっぱい食べて、うんちもいっぱいして
おおきくなるよ。
何になるのかな?

とってもとってもかわいい絵本。
見開き一ページに幼虫と言葉が一言入っています。
白い幼虫がどんどん大きくなって、さなぎになって
さてさて、どんな虫になると思いますか?
黒くてつやつやしてて、角がある人気者♪
わかるかな〜?

幼年向けですが、大きな子でも虫好きな子なら◎。
夏にぜひ。
| 季節の彩り(夏の絵本) | 16:27 | comments(5) | trackbacks(1) |
さかな
さかな
さかな
ブライアン・ワイルドスミス, わたなべ しげお

画像がないのがとっても残念な美しい、美しい絵本です。
見開きに1種類のお魚が優雅に美しく泳いでいます。
はりせんぼん、たちうお、たつのおとしご、かます、てっぽううお などなど。
そして何より私が大好きなのは、レインボーフィッシュ!!!
魚の特徴をよく捕らえた、大きな絵、そして見事な色遣い。

幅広い年齢のお子様が楽しめるかな?
大人が見ても美しくてとても癒される絵本です。
| 季節の彩り(夏の絵本) | 21:02 | comments(0) | trackbacks(1) |
なつのいちにち
なつのいちにち
なつのいちにち
はた こうしろう

暑い暑い夏の日。
クワガタのいる山をめざしてぼくは走った。
真っ白な陽射し、青い草の匂い…。
ページの中からあふれだす夏!

満を持しての登場!私が一番大好きな夏の絵本です!!!
ため息が出るほど美しい絵。
男の子のはぁはぁという息遣いや、ギラギラした刺さるような日差しを感じさせます。
となりのトトロの世界の日本。そんなイメージです。

空の青さ、緑の深さ、影の濃さ、そして夕立。
夏のかけがえのない素敵な一日を男の子と一緒に過ごしてみませんか?
喜びと感動を共有していただきたい絵本です。

ストーリーを楽しめる頃からお薦めです。
可能なら夏休みに、小学生以上のお子様に読んで欲しい絵本です。
大人にもお薦め!
| 季節の彩り(夏の絵本) | 21:21 | comments(4) | trackbacks(1) |
せみとりめいじん
せみとりめいじん
せみとりめいじん
かみや しん, 奥本 大三郎

ごんちゃんはせみとり名人です。
てっちゃんは、まだせみをとったことがありません。
「ねえ、どうやって とるの、せみ...」

とても詳しくセミの獲り方が書いてあります。
虫取り網の作り方、セミが止まっている木の種類、
近づき方、オスとメスどっちから採る?セミの種類などなど。

虫の好きな子だったら夢中になってしまうかも。
個人的には虫は苦手なのですが、この絵本なら大丈夫!
リアル感がありながら、暖かみのある絵なので
虫が苦手な子でも抵抗が少ないと思います。

虫が大好きなお子様、虫捕りに夢中なお子様にいかがでしょう。
| 季節の彩り(夏の絵本) | 19:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
海べのあさ
海べのあさ
海べのあさ
石井 桃子, ロバート マックロスキー, Robert McCloskey

朝歯磨きをしていたら「あれ?歯がぐらぐらしている!大変!」
それはしんぱいしなくてもいいのよ。
歯が抜けたら枕の下に入れて、お願い事をしてごらんなさい。

なんでもない一日を描いた作品ですが、
とってもキラキラした魅力があります。

海辺でお父さんとハマグリを掘るサリー。
ブルーベリー(こけもも)を摘んでいた頃より
お姉さんになって登場します。
かわいい妹もいるんですよ。

歯が抜ける事がうれしくてしょうがないサリーは、
会う人、会う人、会う動物、会う動物に
「わたし、歯が抜けるの」と報告します。
うん、この気持ち分かる♪

そして海辺での様子がとっても楽しそう。
ボートが壊れちゃったり、他にもいろいろハプニングはありますが
とても幸せな気持ちで読了できる絵本です。

少し長いかな?
集中力が持続できるお子様、
そしてストーリーが楽しめるお子様からいかがでしょう?
| 季節の彩り(夏の絵本) | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
雨のふらない島
雨のふらない島
雨のふらない島
ハンダ・トシヒト

ずーっとずーっと南のそのまた南に、ちいさな島がありました。
そこは雨のふらない島。
こまりはてた王さまは、島の人々と雨ごいをしました。
「アメチー アメチー アメアメソワカー」
すると、すさまじい音とともに空からふってきたのは
みたこともないほどの大きな大きな種でした。

どうにもこうにもふてぶてしい種が印象深い絵本です。
絵がすごい!!!

うわっっっ

と思わずのけぞりそうになります。
ダイナミックで奇想天外な絵とお話をぜひお楽しみください。

ストーリーが楽しめるお子様からお勧めです。
| 季節の彩り(夏の絵本) | 21:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
なつペンギン
なつペンギン
なつペンギン
塩野 米松
村上 康成

ペンギンさんが歩いています。
「あついね」「あついね」
「ジャガジャガジー」「アジー アジー」
セミの鳴き声も暑そうです。

村上康成さんの絵が素晴らしく素敵な絵本。
ペンギンさんが暑そうに歩いています。
「あついね」なんて言って小首をかしげる姿のかわいいこと!
スーパーのお魚売り場で涼んでいる姿は必見です。
ストーリーも絵もとってもかわいい夏の絵本。
暑い夏を満喫してみてください。

ストーリーを楽しめる頃からお薦めです。
| 季節の彩り(夏の絵本) | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
おおきなきがほしい
おおきなきがほしい
おおきなきがほしい
佐藤 さとる


「おおきな おおきな木があるといいな。ねえ おかあさん。」
かおるの木はこんな木。
とっても太くて、
二番目の枝まではしごをかけて、
その上は木の幹にぽっかり開いたほらあなの中のはしごを登ります。
さらに上にはかおるの小屋があって、台所やテーブルもあります。
ホットケーキだって焼いちゃう。
もっと上まで登ると見晴らし台があって。
木の上での春は、夏は 秋は 冬は...

かおるの想像がとってもとっても大きくて、
どこまでも広がる素敵な絵本です。
私が子どもの頃、大好きだった絵本でもあります。
木の上の家。憧れませんでしたか?
この絵本を読むたびに「あああ、こんな木があったらなぁ」
と思います。

夢大きく、のびやかな気分になれる絵本。
文章が少し多いですが、
かなり集中して聞いて(見て)くれる絵本だと思います。
お子様と一緒にいかがですか?
ストーリーが楽しめる頃からお薦めです。
| 季節の彩り(夏の絵本) | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
ありとすいか
ありとすいか
ありとすいか
たむら しげる

ある夏の午後、すいかを見つけたありたちは、巣に運ぼうとしてみんなで力を合わせて押しますが、びくともしません。
さてさて、どうする?

面白い!
おはなし会では盛り上がること間違いなしでしょう。
ありが一生懸命スコップでスイカを掘る姿や、巣穴いっぱいにスイカを詰め込む絵は
見ているだけでワクワクしてしまいます。
細かーく絵を見るのも楽しいし、
ぱっと見せて「うわっ」と子どもがなった所で次のページにいっても楽しい。
そしてなんといっても最後の場面。とっても楽しいオチがついています。

ストーリーを楽しめるお子様からいかがでしょう?
| 季節の彩り(夏の絵本) | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
かばくん
かばくん
かばくん
岸田 衿子, 中谷 千代子

動物園の朝です。子ども達がたくさんやってきました。
おきてくれ かばくん
ねむいならねむいといってくれ
つまらないからおきてくれ

なんてことはない、動物園の一日を描いた作品。
でもそのなんてことはない所が、とてものびやかで気持ちが良いのです。
かばさんがキャベツをあーんぐりあけたお口で食べる姿や
小さなカメさんがかばさんと一緒に泳ぐ姿を見ていると、
ほほえましくて、つい 二コリ。

言葉のリズムがとてもよい絵本。詩を読んでいるような気分になります。
ストーリーを楽しみ始めた頃からいかがでしょう?

続編の かばくんのふね もお薦めです。
カテゴリーを夏にしてしまいましたが、季節を問わず読んでいただけると思います。
| 季節の彩り(夏の絵本) | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>